コンテンツへスキップ

わたしのおばあちゃんが大腸ガン、叔母が乳がんと診断されました

2人とも幸いなことに手術や薬で治すことが出来ました。が、叔母は抗がん剤を使用していたため髪の毛は抜け落ち、常にカツラと帽子をかぶって生活していました。

また、乳がんにより乳房を取っているため周りの目も気になってしまい、そうなるとやはりあまり外に出なくなり、性格が暗くなってしまいました。

最近ではがんは治る病気だというイメージがあります。テレビでなとで実際にガンを克服した方等の話や、ネットなどもすごく進化しているため、情報をたくさん得ることができます。

可愛い帽子や分かりにくいカツラなどの情報を得ることができ、叔母にすすめることができました。

叔母もそれを使用し、外にでることも多くなり、性格も徐々に明るくなっていきました。

わたしもそれを見て明るくなりましたし、ネット等で同じ状況の方を見れたので安心することができました。

がんはいまは治らないものではありません。たくさんの治療法、またお医者さんにはできないこと(家族が精神的に支えること)で症状もだいぶ良くなると思います。

あきらめずに戦うことが大事だと思います。

父が心臓のバイパス手術を受けたので、お見舞いに行こうと思って支度をしていたら、胃のあたりが痛くなってきて、変だなと思いながらだんだんと痛みが鋭くなっていくのを感じていました。でも、行く先が病院なので、何かあったら病院で診て貰えばいいと思ってタクシーに乗って父が入院している病院に行きました。

 

そうしたら、病院に到着した頃には、前のめりにならなければならないくらい痛くて、両親とエレベーターの所で会って、そのまま車椅子に乗せられて救急で診察を受けることになりました。

 

とにかく痛くて大変だったのですが、足の付け根の動脈から採血を受けて、急性膵炎という診断でした。ところが膵管に詰まっていた胆石がすっと取れたようで、痛みがすぐに引いていったのです。一応、急性膵炎は危ないということで、入院しましたが、痛みはありませんでした。

 

でも、胆嚢の中に砂のようなものがたくさんあるので、胆嚢の摘出手術を受けた方がいいと言われました。でも、その時は摘出手術は受けませんでした。

PR|最新のPETで食道がん検査|

水疱瘡はほとんどの人が子供の頃に経験する病気と言われていますが、私は17歳の時に水疱瘡にかかりました。
最初は微熱が出て、口の端にやや大きめのニキビみたいな発疹ができました。
数日後、朝起きたら顔中に発疹ができていて、母親に言われるまま近くの診療所で診てもらったら、水疱瘡と言われて驚きました。

自宅で療養していたのですが、熱は上がる一方で発疹も口の中や頭皮など体中にできてしまい、慌てて大きな病院で診てもらったら、診察したその日に入院させられました。
先生曰く、意識が朦朧としていて、肺炎を起こしかけている危険な状態だったそうです。

その日に2時間ほど点滴を受けて血液を採取し、翌日にトイレの回数を聞かれて、一度も行ってないと伝えたら、1日中点滴に繋がれる羽目になりました。
脱水症状を起こしてたみたいです。

数日間、点滴に繋がれっぱなしでした。
病室も人のいない病棟で、6人部屋に隔離されて一人だけだったので寂しいやら怖いやらで、なかなか寝付けなかったのを覚えています。

10日間ほどで退院しましたが、あのまま放っといたらどうなっていたかと思うと、とても怖くなります。
病気もツラかったですけど、入院の経験も本当にツラかったので二度と水疱瘡にはかかりたくないと思いました。

PR|女医が診る乳がんクリニック|

会社員をしている男性ですが、仕事が終わると毎晩のように飲み歩く生活をしていました。

夜は主にアルコール系を摂取をしていたのですが、昼間の間は大好きなコーヒーを頂いていました。

朝起きて一杯飲み、会社につくと仕事始めに飲み始め、多い時で一日に10杯は頂くほどコーヒーが好きだったのです。

アルコールとコーヒーばかりを飲む日々が続いたのですが、飲み過ぎで体調を壊してしまいアルコールをしばらく控えるようにしました。

アルコールの変わりにビタミンCを摂取する事を心がけるようになり、レモネードを飲むようにしたのですが、とても美味しく健康には最高だと思い飲み続けてました。

コーヒーとレモネードをそれぞれ10杯飲んでいたのですが、次第に体調がおかしくなってきたのです。

胃の辺りがキリキリト痛みだすようになり、お腹を押さえるほど酷く痛みだしたのです。

あまりにも長く続きますので医者に行こうか迷ったのですが、鎮痛剤を服用すると少し増しになりましたのでいつか治ると思っていました。

ですが症状は次第に酷くなり以前に増して更に痛みだしてしまい、その度に薬局に駆け込んでパンシロン、キャベジン、正露丸等の有名な胃腸薬を試したのですが、一向に効き目がなくキリキリト痛むばかりでした。

2ヶ月ほど市販の薬で抑えていたのですが、もし取り返しのつかない事になったら大変だと思い、医院に駆け込んで診察をしてもらいました。

診断の結果は十二指腸潰瘍で胃の粘膜が傷ついていて痛みが発生していると言う事でした。

医者に思い当たる節はないかと聞かれましたので、コーヒーとレモネードを交互に飲んでおり、一日に20杯ぐらい飲んでいると伝えた所、

それは最悪のパターンで十二指腸潰瘍を起しても不思議ではないと言われたのです。

コーヒーの飲み過ぎで胃の粘膜が荒れてしまっている所に、レモンが豊富なレモネードを飲んでしまうと胃酸過多の状態になってしまい、

傷ついた粘膜を刺激して痛みだすという事でした。

痛い状態のときに満腹になるくらいにご飯を食べると、痛みが消えてしまっていたので十二指腸潰瘍の特徴でした。

胃酸の分泌を抑える薬と粘膜を修復する薬を頂いたのですが、五日程であれだけ痛かった痛みがなくなってしまい10日ほどで完治をしていました。

市販の薬もときには効く事がありますが、それよりも先に医者に駆け込む事が大事であり、

処置が遅れると大変な事になる事もあります。

素人判断で薬を飲んでその場を凌ぐのではなく医者に行くのが先決だと思いました。
PR|乳がん検診の宇都宮セントラルクリニック