コンテンツへスキップ

ある病院に入院をした時に、とても感動したことがありました。それは、なんといっても病院食が美味しいということです。病院食というのは、ほとんどまずいという、そんな印象を持つことが多いですね。私も入院していた人に聞いた時に、入院の食事がまずかったということをよく聞きました。そのため、絶対まずいと思っていたのです。

そんな時、ある病院に入院をした時に産後であったためかとても美味しかったです。入院最後の日は、フルコースとして食べることができたのです。そしてそれも事前にお願いをすると、なんと家族の分まで準備をしてくれたのでした。

その時、家族と一緒に入院の食事でフルコースが食べれるのはまずないと思っていたのでびっくりです。しかも、本格的な味であったことも驚きでした。そんな風に今の病院は、食事が美味しくなっています。暖かいものを暖かいままで出してもらうことが当たり前となっているのです。それは、とてもよいことですね。
今の時代、がんの放射線治療や最先端の医療がどんどん進化していて、病院食も進化していたので驚きでした。

入院をした時に、いろいろなことを感じます。それは、一つの病院に入院をした場合は感じることが少ないでしょう。私の場合は、がんで放射線治療やサイバーナイフ治療を受けるためいくつかの病院に入院をしたことがあるので、それぞれの病院のメリット等を感じることができました。

その中でも、特にすごいと思ったこととして廊下にものがない病院があったということです。ほとんどの病院は、廊下にものがあります。いろいろな処置をする道具でしょうか、そんなものをおいているのです。看護師さんや医師にとっては直ぐに処置をすることが出来るので、確かに廊下に配置していると便利ですね。

ところが入院患者にとっては、とても邪魔なのです。特にふらつきがある入院患者さんは、抑えるとところを探して歩くのでその時に、廊下にものがおいてあると困るのです。そのところだけ、とても慎重に歩くことが必要となります。しかしふらついているので、転んでしまうこともありました。

そんなことを注意できている病院は、すごいと思います。